インフルエンザは何度もかかりたいような病気ではありませんね。ですが油断してると1年に2回かかってしまうことも平気であります!原因には様々なものがありますのでこちらで紹介していきます。

せきが出る男性と病原体

インフルエンザをブロックする薬の処方

日本では冬になると毎年のようにインフルエンザが流行します。
インフルエンザの影響で学級閉鎖になったという経験のある人もいるでしょう。
インフルエンザのウイルスは感染力が強く、特に抵抗力のない子供はかかりやすいと言われています。
学級閉鎖は感染の拡大を防ぐための対策であり、インフルエンザにかかったら学校を休まなくてはなりません。
インフルエンザは一般的に空気の乾燥する冬に流行し、日本だけでなく世界中で流行する病気です。
空気感染によって人体にウイルスが入り込み、肺に達しだウイルスは増殖を始めます。
体はなんとかして肺に入ったウイルスを排出しようとするのですが、その際に熱や嘔吐、下痢などといった症状が現れるのです。
インフルエンザウイルスというのは増殖がかなり早く、高い熱が出ることが特徴です。
免疫力の弱い子供や高齢者がインフルエンザにかかると、肺炎や脳症などが起きてしまうこともあります。
そこで急に高い熱が出てしまった場合、インフルエンザの可能性を考えててきるだけ早く医療機関を受診しましょう。
病院などの医療機関ではウイルスの増殖をブロックする薬を処方してもらうことができます。
それによって高熱などの症状が緩和されますし、体の回復をサポートすることができるでしょう。
処方薬といってもタミフルのような飲み薬だけでなくリレンザという吸入するタイプの薬もあります。
リレンザは薬の粉を専用の機器で吸い込むというものであり、肺でのウイルスの増殖を直接ブロックしてくれます。
人によってはタミフルよりもリレンザの方が効果的と言われていますし、リレンザにはタミフルのような副作用も起こらないとされています。
そのため子供でも安心して治療を行うことができるでしょう。