インフルエンザは何度もかかりたいような病気ではありませんね。ですが油断してると1年に2回かかってしまうことも平気であります!原因には様々なものがありますのでこちらで紹介していきます。

せきが出る男性と病原体

予防接種すればインフルエンザに二回かからずにすむ?

せきが出る男性

インフルエンザは、3つの型がありますが、特に流行しやすいのがA型とB型です。
感染すると、激しい悪寒とともに高熱が出て、日常の生活を送る事が難しくなります。
倦怠感と関節痛がひどいので一般の風邪と見分ける事ができます。
インフルエンザは乳幼児や妊娠している女性、高齢者を中心に重症化する事があります。
また、10代の子供が感染し、タミフルを使用した場合、奇声を発するなど異常行動を起こす可能性があります。
そのためインフルエンザに感染しないように予防接種を受けるのが、大切になります。
インフルエンザのワクチンには、A型とB型のものが2種類ずつ含まれています。
B型は、ウイルスの型が2種類しかないためカバーできますが、A型の場合いくつかある中で2種類を予想し配合しているので、まれに外れてしまうこともあります。
予防接種は流行する前である10月終わりから接種を開始します。
子供や受験生はより抗体を得るために、1つのシーズンで2回受けますが、一般では1回となります。
予防接種を受けることによって、ウイルスが体内に入り、抗体ができるのでインフルエンザにかかりにくくなります。
ですが、流行してから予防接種を受けた場合、効果が現れてくる一週間を待たずして、インフルエンザに感染してしまう事があります。
これは十分に抗体ができないうちに、ウイルスが体内に入ったためです。
こういったことを防ぐためにも計画的に予防接種を受けるようにしましょう。
予防接種はあくまで予防であるため、受けていてもインフルエンザに感染してしまう事があり、A型とB型の2種類を同シーズンに感染してしまうこともあります。
ですが、感染しても症状は軽く済む事が多いです。