インフルエンザは何度もかかりたいような病気ではありませんね。ですが油断してると1年に2回かかってしまうことも平気であります!原因には様々なものがありますのでこちらで紹介していきます。

せきが出る男性と病原体

富士フイルムのインフルエンザ検出技術のニュース

写真現像で定評のある富士フイルム社が、そのノウハウを応用して、インフルエンザウイルスの高感度検出技術を開発したというニュースが話題となりました。
インフルエンザは医者が症状から判断することもあり、感染初期の段階では診断が難しいという現実がありました。
しかし特効薬の薬は、感染のごく初期に使わないと効果が期待できません。
きちんとした検査で判断する医療機関でも、感染初期では判断がつかず、翌日にまた来るよう言われたりします。
従来の検査方法では、感染してからある程度経過してウイルスが増殖するまで、判定できませんでした。

そうした中、富士フイルムは、インフルエンザウイルスが少ない感染初期でも、早期発見ができる高感度の検出技術を開発しました。
従来の迅速診断試薬の約100倍の高感度で、インフルエンザウイルスを検出できます。
この技術が普及すれば、特効薬で重症化が防げる人の数も飛躍的に増えることでしょう。
これまでは、感染のごく初期に感染を知る手段がなかったため、せっかく特効薬が開発されても、感染のごく初期に使用することができなければ効かないことにより、感染者はなかなかメリットが得られずにいました。
富士フイルムの開発したこの技術と、特効薬を組み合わせることにより、インフルエンザ治療は格段の進歩を遂げると期待されます。

インフルエンザかどうかというのは、こうした科学的な方法で調べる必要があるでしょう。
これまでは、調べる方法が限られていたため、医師が見当をつけて診断することが一般的でした。
しかし、診断技術が進んできたことによって、沖縄や奄美諸島では、夏にもインフルエンザが集団発生することなどが明らかになってきました。
厳密な診断技術は、医療をより進歩させることでしょう。